脱毛のコンプレックスは早めに対処|ツルツル美人へ!

MENU

やりやすいものを選択しよう

脱毛の種類はいろいろあるので、自分がやりやすいと感じられるものを選択することをお勧めします。
専門のサロンに通うことが面倒に感じる人は、当然、自宅で自己処理を選択することになります。
自宅での自己処理といっても、これもまたいろいろな種類があります。
脱毛クリームを使用したり、オーソドックスである剃刀や毛抜きを使用したりといったものなどです。
いずれにしても、効果を実感でき、継続しやすいものを選択することがポイントとなってきます。
それから、費用面を気にする人も多くなっています。
専門のサロンは費用がかかると言われています。
しかし、脱毛クリームを購入して、自宅で自己処理するにしても、なくなったら、その都度、買わなくてはなりません。
これもまた費用がかかります。
家庭用の機器を購入するにしても、数千円から数万円かかることになります。
ただし、こちらの場合は、一度、購入してしまえば、数年、使い続けることができるので元を取ることは可能です。
一番、費用がかからないものとしては、剃刀や毛抜きでの処理になります。
近所のドラッグストアなどで購入すれば、数本入りで安価なものが売られているはずです。
常に清潔なものを使用するにしても、数百円程度なので、年間換算では、それほど費用はかかりません。
このように、費用面から見て考えることも重要となってきます。
その上で、使いやすいと思える種類を選ぶことが大事です。

特に、定期的にムダ毛処理をしたいという人は、じっくり比較することをお勧めします。

家庭でできる方法とサロンの脱毛法の種類

ムダ毛の脱毛には大きく、ご自身で行う家庭でもできる方法とサロンで行う方法があります。
さらにその中にも色々な種類があります。
家庭での処理で一般的なのはカミソリや毛抜き、電気シェーバー、家庭用脱毛器、除毛クリームやブラジリアンワックスなどです。
機器を使う場合、毛抜きのように処理していくタイプやサロンの方法に近い光を使った最新式のタイプまで登場しています。
一口に家庭用の機器といっても種類が豊富で、メーカーやモデル、開発された年や価格によって大きな差があります。
購入するところやブランドにもよるので一概には言えませんが、一般的には価格が高いものほど高性能で、処理能力も高く、持続力が高く、お肌にも負担がかかりにくいというのが特徴です。
これに対してサロンの場合も方法は1つではありません。
電気針を毛穴に差し込んで1本1本焼き切っていくニードル式、毛のメラニン色素に反応する特殊な光を当てて毛を弱らせて抜け落とさせるフラッシュ式、医療機器を用いてドクターが行う医療レーザー式、ブラジリアンワックス専門店もあります。
それぞれ特徴や効果、料金相場が異なるため、ご自身の肌質や目的、予算に合わせて選ぶのがおすすめです。
たとえば、ニードル式は半永久的な脱毛効果が期待できますが、1本1本処理するため時間がかかり、料金も高め、刺激が強いので肌が弱い方にはあまりおすすめできません。
一方、フラッシュ式は一度に広範囲の施術ができ肌への負担も少なく、料金も抑えめですが、半永久的な効果は期待できません。

自宅で行える脱毛の種類

女性には脱毛は欠かせない美容となっていますが、その方法も実にさまざまです。
本格的に行う場合はエステサロンやクリニックに通うことがおすすめですが、より手軽な方法で処理を行っている人もまた多いものです。
まず、自宅で行えるムダ毛処理も様々な種類があります。
特に手軽に行えるものでは、除毛クリームがあげられます。
この場合であれば、気になる部位に塗って、あとは洗い流すだけですので、広い範囲も短時間に処理ができ、抜き取る方法ではなく、毛を溶かして処理しますので、痛みを感じることもありません。
カミソリ負けしやすい人にも向いており、伸びたときにもチクチクしないのがメリットですが、肌にはある程度負担もかかっていますので、その後の保湿ケアは丁寧に行っておく必要があります。
永久的な効果ではありませんので、短期間に処理を繰り返す必要があることは理解しておきましょう。
そして、この場合も肌質、毛質に合うものを選ぶことが大切です。
肌がかなりデリケートという場合は敏感肌に対応したものを選びましょう。
こうした商品は肌に優しいですが、あらかじめパッチテストを行っておくとより安心して使うことができます。
かなり剛毛という人の場合はより強力なパワーのあるものでないと良い効果が得られない可能性もあります。
最近は男性の剛毛にも対応できるものも登場していますので、一般的な女性用で絵対応できない場合は利用してみてはいかがでしょうか。
処理後は抑毛ローションなどでお手入れしておくと、より効果を長持ちさせることも期待できます。